文字サイズ
  • フォントサイズ標準
  • フォントサイズ大

森山病院 救急医療に対応

  1. ホーム
  2. 森山病院
  3. ご利用の皆様へ
  4. 診療科のご案内
  5. 整形外科

診療科のご案内

整形外科

診療内容

整形外科は首から足までの骨や関節、筋肉、神経などの損傷の治療を行います。骨折、捻挫、打撲などの外傷疾患や加齢による変形性関節症(膝や股関節など)などの変性疾患、糖尿病などに伴う化膿性関節炎などの感染性疾患、骨腫瘍などによる疾患など多岐にわたります。当院では臨床所見とレントゲン、CT、MRIなどの画像診断で病態を充分把握し、診断した上で治療(手術、リハビリテーションなど)を行っています。
肩こり、腰痛、関節の痛みやしびれなどの症状があるときは整形外科を受診してください。

 

医師紹介
seikei-naka.jpg

仲 俊之(なか としゆき) 副院長
 
旭川医科大学医学部卒
脊椎・脊髄病医
日本整形外科学会/整形外科専門医

seikei-ariyama.jpg

有山 弘之(ありやま ひろゆき)

旭川医科大学医学部卒
日本整形外科学会専門医
日本リウマチ学会専門医
特に股関節を専門

seikei-okamoto.jpg

岡本 巡(おかもと めぐる)
 
旭川医科大学医学部卒  
特に股関節と膝関節を含めた関節外科を専門
日本整形外科学会認定医
医学博士

seikei-aono.jpg
青野 貴吉(あおの きよし)
 
山形大学医学部卒
専門は脊椎外科を中心に一般外傷外科
日本整形外科学会専門医
脊椎脊髄病医
スポーツ医
 
    各曜日の外来担当医は  「外来担当医師一覧」でご確認ください

 

病気や治療のお話

変形性(膝・股)関節症の治療法

変形性関節症は高齢化にともない、症状を訴えて外来に来られる患者様が増えています。関節軟骨の変性とそれに伴う骨・軟骨の破壊及び増殖性変化の結果起こる疾患です。その典型的な症状は歩行時の痛み、正座が出来ない靴下がはきづらい等の関節の可動域(動く範囲)の制限です。しだいに症状が進みますと杖での歩行が必要になったり、安静時(夜間痛くなる)の痛みが出現します。  

最近グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸といったサプリメント製剤の有用性を述べた広告が散見されます。その効果については色々な研究がなされていますが、実際の所このようなサプリメントが人の膝や股関節の軟骨の成分になるか否かは証明されていません。ただ様々な研究がなされ、症状の軽い初期の関節症については効果が期待されております。しかしながら前述したような、中期?末期の症状の患者様にはその効果は期待できません。
そのような方には一度、整形外科の受診をお勧めいたします。
投薬やヒアルロン酸の関節内投与で症状はある程度改善します。
また、当院にでは年間多数例の人工関節(膝・股)手術を行っております。

人工関節置換術についてはこちらご覧ください

 

ページの先頭へ戻る