文字サイズ
  • フォントサイズ標準
  • フォントサイズ大

森山病院 救急医療に対応

  1. ホーム
  2. 森山病院
  3. 注目情報
  4. 外反母趾について

注目情報

外反母趾について

―外来手術も可能なDLMO法で苦痛軽減―

Q.以前から外反母趾で指の体操、指につける装具を試していましたが、改善がなく歩くと苦痛です。下肢を引き締めるストッキングを履くとつま先が痛くなるので履けなくなりました。どんな治療法がありますか?

 

A.外反母趾は、圧倒的に女性に多い症例です。例えば、思春期の運動選手で部活に支障をきたしている方や、かなり長い間我慢して足底にタコ(胼胝)が出来て皮膚科でタコを削ってもらったが、すぐに再発してしまう方、第2趾が母趾の上に乗って地面から浮き上がっている方など、様々です。

指の体操、装具法などで効果が得られない場合、手術をおすすめします。

当院では、主にDLMO(デルモ)法をおこなって良い結果が得られています。

この手術の特徴は、2センチ程度の小切開で局所麻酔、外来手術も可能であり、働いている女性にとっても施術を受けやすいことです。

 

〇手術写真〇

 

H28.12.29 北海道経済記事_手術前.jpg<手術前>

 H28.12.29 北海道経済記事_DLMO法での手術後.jpg <DLMO法>

 

  H28.12.29 北海道経済記事_DLMO手術のイメージ図.jpg<手術イメージ図>


 

従来の矯正手術と同様に改善効果があり、歩きやすくなった、靴選びに悩まなくなったなどのご意見をいただいています。

なお、当科でおこなっている方法は、DLMO法だけではありません。

患者さんの症状等にあった最良の提案をしていますので、ご気軽に 整形外科外来 までご相談ください。

 

ページの先頭へ戻る