脳のための

ホーム脳ドクター

”ためになるお話”

FMりべーる 毎週火曜日 8:25~ 放送中

御挨拶

「ホーム脳ドクター」のページに訪れていただき有難うございます。

脳の病気というと「こわい」と感じる人が多いでしょう。もちろん、そのような病気もあります。

でも、もっとも「こわい」のは「知らない」ことです。

「ホーム脳ドクター」では、脳の病気を初めての方でもわかるように平易に解説しています。筆者は脳神経外科のほぼすべての領域を経験し、臨床、教育活動、学術活動をおこなってきました。

少し簡単すぎるのではないかと、お叱りを受けるかもしれません。

でも、この「ホーム脳ドクター」がきっかけとなり、一般の方々にも脳の健康について考えて頂く良い機会となれば幸いです。

社会医療法人 元生会 森山病院脳神経外科

安栄良悟

脳腫瘍の手術について

”ホーム脳ドクター” 安栄良悟

頭の中にできる腫瘍は100種類以上あります。ここでは大きく2種類にわけてみます。

<頭の中にあるけど脳の外側にある腫瘍>

良性のものが多いです。でも脳は頭蓋骨というかたい殻の中に納まっています。

そのまま腫瘍が大きくなると脳は「おしくらまんじゅう」のように圧迫されます。

例)耳の神経を包む皮から発生した腫瘍。

近くにある小脳をぐいぐい圧迫しています。

小脳は体のバランスを保つ機能があります。体のバランスがとれなくなると歩けなくなってきます。

近くには顔を動かす神経も走っています。そのうち顔も曲がってきます。

顔の神経を温存しながら腫瘍をとります。顔は曲がらず、歩けるようになりました。

例)血液のたまっているところ(海綿静脈洞)から発生した腫瘍。すぐ近くに目を動かす神経がいくつか走っています。

すぐ近くに大きな動脈も走っています。そのまま大きくなると大きな血管も目を動かす神経も巻き込んでしまいます。

腫瘍の中にはたくさんの血液が入り込んでいます。しっかり止血しながら取り除きます。

<頭の中にあって、しかも脳の中にある腫瘍>

完全に良性のものは少なく、程度に差はあっても悪性傾向を示すことが多いです。

手術後に化学療法や放射線療法が必要になることもあります。

例)体の中の癌(肺癌や乳癌など)が脳に転移した腫瘍。

もともとの癌の状態や全身状態によって治療法を選びます。放射線療法や化学療法を行うこともあります。

摘出可能なものは手術で取り除きます。

例)原発性の脳の腫瘍

正常な脳の中を境目なく、しみ込んでいきます。肉眼的には見分けがつきにくい腫瘍です。

ナビゲーションをつかって目印の杭をうちます。

特殊な光を使って腫瘍を赤く光らせます。肉眼ではわからない腫瘍が見えてきます。

抗がん剤のしみ込んだシートを張り付けます。さらにしみ込んだ腫瘍細胞を制御します。手術後も化学療法や放射線療法が必要になります。

 

脳腫瘍の手術について

「ホーム脳ドクター」 安栄良悟

於)森山病院脳神経外科

頭の中にできる腫瘍は100種類以上あります。ここでは大きく2種類にわけてみます。

<頭の中にあるけど脳の外側にある腫瘍>

良性のものが多いです。でも脳は頭蓋骨というかたい殻の中に納まっています。そのまま腫瘍が大きくなると脳は「おしくらまんじゅう」のように圧迫されます。

例)耳の神経を包む皮から発生した腫瘍

近くにある小脳をぐいぐい圧迫しています。小脳は体のバランスを保つ機能があります。体のバランスがとれなくなると歩けなくなってきます。近くには顔を動かす神経も走っています。そのうち顔も曲がってきます。

顔の神経を温存しながら腫瘍をとります。顔は曲がらず、歩けるようになりました。

例)血液のたまっているところ(海綿静脈洞)から発生した腫瘍

すぐ近くに目を動かす神経がいくつか走っています。すぐ近くに大きな動脈も走っています。そのまま大きくなると大きな血管も目を動かす神経も巻き込んでしまいます。

腫瘍の中にはたくさんの血液が入り込んでいます。しっかり止血しながら取り除きます。

例)脳をつつんでいる膜から発生した腫瘍(髄膜腫)

頭蓋骨の中で脳を圧迫しています。足首が動かなくて来院しました。全部取ると足首は動くようになりました

 

<頭の中にあって、しかも脳の中にある腫瘍>

完全に良性のものは少なく、程度に差はあっても悪性傾向を示すことが多いです。手術後に化学療法や放射線療法が必要になることもあります。

例)体の中の癌(肺癌や乳癌など)が脳に転移した腫瘍

もともとの癌の状態や全身状態によって治療法を選びます。放射線療法や化学療法を行うこともあります。摘出可能なものは手術で取り除きます。

例)原発性の脳の腫瘍

正常な脳の中を境目なく、しみ込んでいきます。肉眼的には見分けがつきにくい腫瘍です。

ナビゲーションをつかって目印の杭をうちます。

特殊な光を使って腫瘍を赤く光らせます。肉眼ではわからない腫瘍が見えてきます。

抗がん剤のしみ込んだシートを張り付けます。さらにしみ込んだ腫瘍細胞を制御します。

手術後も化学療法や放射線療法が必要になります。

くも膜下出血の手術について

「ホーム脳ドクター」 安栄良悟

於)森山病院脳神経外科

くも膜下出血のほとんどは、脳の血管のコブ(動脈瘤)の破裂が原因です。

突然の頭痛、意識障害、時にはそのまま命を失うこともある危険な病気です。

再破裂を防ぐために、緊急で開頭手術を行うことがあります。

コブ(動脈瘤)の根元をクリップで挟んで、もう破裂しないようにします。

手術後、2週間くらいは色々な反応がおきますので集中治療が必要です。

脳梗塞の手術について

「ホーム脳ドクター」 安栄良悟

於)森山病院脳神経外科

大きな脳梗塞をおこすと、どんどん腫れてきます

どんどん腫れてくると、頭の中の圧力がどんどん上がります

頭の中の圧力がどんどん上がると、脳が圧迫されて命にかかわります

緊急で頭の骨を外して、圧力を外に逃がす手術をすることがあります

一か月くらいで腫れは引けてきます

腫れが十分引いてから、頭の骨を戻します

慢性硬膜下血腫の手術について

「ホーム脳ドクター」 安栄良悟

於)森山病院脳神経外科

頭をぶつけてから一月後位かけて

じわじわと脳と骨の間に血がたまることがあります

脳を圧迫して、頭が痛くなる、歩けなくなる

時には息が止まって危険なことになる

頭に10円玉くらいの穴をあけて血液を洗い流してしまいます

脳の訪問診療について

「ホーム脳ドクター」 安栄良悟

いろいろな事情で、通院するのが難しくなった患者さん

訪問看護事業部が、ご自宅にお伺いします

於)森山病院脳神経外科・訪問看護事業部

・自宅で神経の診察をします

・自宅で採血自宅で点滴をします

・画像検査等が必要な時には来院もしくは短期入院していただきます

急性硬膜下血種の手術について

「ホーム脳ドクター」 安栄良悟

於)森山病院脳神経外科

交通事故などで頭を強く打った場合

頭の中に大出血を起こすことがあります

緊急手術で頭の中の血液を取り除くこともあります

急いで開頭して血種をとり除きます

ページの先頭へ