眼科

眼疾患全般を対象に診療を行っています。

感覚器官である目の健康を目指しています。

眼科のご案内

私たちは日常生活の多くの情報を目から取り込んでいます。
当科ではその重要な感覚器官である目の健康を目指して、眼疾患全般を対象に診療を行っています。

主な眼疾患は近視・遠視・乱視・老視などの屈折異常、感染やアレルギーによる結膜炎、目がかすむ白内障、視野が欠ける緑内障、糖尿病の合併症である糖尿病網膜症などです。

当院では白内障手術などの手術治療を積極的に行っておりますが、疾患に応じて旭川医科大学病院と連携をとって診療にあたっています。

※検査では散瞳検査(瞳を開いて眼底を観察する検査)をすることがあります。
できるだけ自動車の運転をせずに来院されますようにご協力ください。

※当院では日本眼科医会で推奨される色覚検査「石原色覚検査表Ⅱ国際版38表」「パネルD-15」を用いて色覚検査を行っています。その結果説明や、必要に応じて診断書などへの記載も行います。ですがその内容は非常にデリケートなものを含みますので、混雑した一般外来ではなく予約検査で対応しています。ご了承願います。

ページの先頭へ