再生医療 PFC-FD療法

再生医療(PFC-FD療法)について

再生医療とは
人の体を構成している細胞や組織を用いて、病気やけがなどによって損傷した臓器や組織を再生し、正常な状態に回復させる医療です。

PFC-FD療法とは
ご自身の血液から多血小板血漿(PRP)を抽出、そこから成長因子を豊富に含んだ血小板由来因子濃縮物(PFC)に加工し、凍結乾燥(FD:フリーズドライ)して保存されたものをPFC-FDといいます。このPFC-FDを膝などの関節に注射して自己修復を促す治療法をPFC-FD療法といいます。

[Platelet-derived Factor Concentrate Freeze Dry:血小板由来因子濃縮物-凍結真空乾燥]

自己治癒力を高める成長因子を利用した治療法としてPRP治療(多血小板血漿を患部に注射して自己修復を促す治療法)がありますが、PFC-FD療法は成長因子の量が約2倍含まれており、鎮痛作用や炎症抑制作用、組織修復作用がPRPよりも高いことが特徴です。

怪我をするとカサブタができて痛みを抑えて傷を修復しますが、それには血小板が放出する成長因子が関係しています。PFC-FD治療はこの血小板が持つ成長因子を取り出して患部に注射することで、炎症を抑えるとともに患部の環境を整えて疾患改善を期待する治療法になります。

PFC-FDは自身の血液から作成されるため拒絶反応や副作用が少ないです。また、採血と注射で完了するという特徴から保存療法と手術の隙間を埋める治療として注目されています。

こんな症状をお持ちの方

• 膝の痛み(変形性膝関節症、膝蓋腱炎、膝窩筋腱炎など)
• 足の痛み(足底筋膜炎など)
• 外傷による肘・膝の痛み(靭帯損傷など)
• 手首・足首の痛み(腱鞘炎など)
• スポーツによる肘の痛み(テニス肘、ゴルフ肘など)
• 肉離れ(筋断裂)
• その他の関節の痛みなど

治療の流れ

診 察
 外来を受診していただき、患部がPFC-FD療法に適応する状態か判断します。 
採 血
後日、患者さんから自己血液約40mlを採取します。
検 査・加 工
採取した血液を外部のPFC-FD製造業者に輸送します。
感染症の検査をおこなったのち、血液からPFC-FDの作成を行い、
その後、当院へ輸送されます。
注 射
採血してから約3週間たった後、PFC-FDを患部へ注射します。
ご希望に応じて2箇所まで注入することが可能です。
入院・手術は不要です。

治療費用

308,000円(税込)

※自費負担

詳しくは、担当医師(リハビリテーション科 森泉)へご相談ください。

ページの先頭へ