院長あいさつ

nakajima01

森山メモリアル病院
院長 中島 進

北海道大学医学部卒業
同大学院医学研究科博士課程修了 医学博士
1981年 旭川医科大学第一外科 講師
1988年 旭川医科大学手術部 助教授
2000年 帯広畜産大学保健管理センター 教授
2005年 森山メモリアル病院 院長就任

世界初の耳介型及び指尖脈波型パルスオキシメーターの臨床応用及び論文報告を行い、その後の改良と爆発的普及の礎を築く
日本光線力学学会(JPA)副会長

~高齢者の機能再生をめざす、最先端のリハビリ医療を目指して~

森山メモリアル病院は脳梗塞や骨折などにより、日常生活の維持が困難な患者さんに対してリハビリテーション治療を中心とした入院・外来治療を行っています。


 院内は広い清潔なスペースが確保されており、リハビリ治療に精通した医師、高齢者看護に熟練した看護師、薬剤師、放射線技師、管理栄養士、大勢の若い理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が熱心な治療を行っています。また、医療相談室も設置され、患者さんの色々な相談事に対応しています。  さらに院内では、NST(栄養サポートチーム)の活発な活動など、よりよい病院を目指しての努力が続けられています。また、チーム医療を推進しており、スタッフ全員が即座に意見交換のできる環境を整えています。

 平成22年度からは回復期リハビリテーション病棟を新設、更にリハビリ全日稼動が施行されており、また、平成24年度よりリハビリテーション専門医(副院長:森泉茂宏医師)を迎え、より専門的な治療を行っています。

 急性期治療を担う森山病院との密接な連携のもとに、併設する訪問看護ステーション、訪問リハビリテーション事業所、通所リハビリテーション事業所、訪問介護事業所、居宅介護支援事業所、居宅介護支援センター、関連する地域包括支援センター等を通じて、地域との結びつきを強めています。

急性期から回復期医療、自宅医療と一貫した治療システムを目指している森山グループの一翼として職員一同、今後とも努力してまいりますのでよろしくお願いします。

ページの先頭へ