文字サイズ
  • フォントサイズ標準
  • フォントサイズ大

森山病院 救急医療に対応

  1. ホーム
  2. 森山病院
  3. ご利用の皆様へ
  4. 各部門紹介
  5. 薬剤部

各部門紹介

薬剤部

【スタッフ紹介】

薬剤師4名と調剤助手2名で構成されています
男女比は1:5です。みんなの笑顔と元気で毎日の業務を乗り切っています。

 

【仕事の内容】

全面的に院外処方箋を発行していますので、外来の患者さんには薬剤部の存在がわかりにくいかもしれませんが、主に次のような仕事をしています
 
  1. 調剤業務
  2. 入院患者さんへの服薬指導
  3. 医薬品情報管理・提供業務
  4. 製剤業務
  5. 医薬品の供給と管理   
  6. 委員会などの院内業務
 
yakuzai02.jpg
 
1.調剤業務
*内服薬・外用薬
入院処方箋を中心に薬の調剤を行っています。(外来については、夜間、自費診察等の一部を除き、 市中の調剤薬局で薬を受け取って戴く「院外処方」を基本としています)
処方箋の内容について、量・飲み方・飲み合わせ・副作用のチェックを行い疑問点があれば処方医師に確認します。1回分の薬を一包化したり、錠剤を粉砕したり患者さん一人一人に適した形にしていくのも薬局の仕事です。
全自動錠剤分包機、散剤調剤監査システム、薬袋印刷機などの最新調剤用機器を用いて調剤していますが、必ず薬剤師による最終チェックをして万全を期しています。1日も早く患者様の病気が良くなるようにと心をこめます。
 
*注射薬
注射剤は入院患者さんに多く使われます。医師の指示(注射箋)に従い、量や使用方法などの確認をして患者さんごとに個人別セットをします。その後病棟毎に注射カート(搬送車)で運びます。
 
 
2.入院患者さんへの服薬指導 
入院患者さんの病室に行き、ベッドサイドで薬について説明をしたり、質問にお答えしたりしています。 主に、今、飲んでいる、薬の名前、薬効、飲み方、副作用、相互作用(飲み合わせ)、注意事項などについてお話しています。 もちろん、他病院から薬も含めて行います。ご家族に説明することもあります。
同じ成分の薬でも、見た目に違う形をしていたり、形がよく似ていても、薬効が全く異なる薬であったりします。 患者さんの薬に対する認識を高め、服用の大切さを理解して戴けて、薬に対する不安や疑問を減らし、 安心して服薬できる手助けになるようにと心がけています。
また、同じ薬でも人によって使用量は違いますし、同じ人でも病状によっては量が変わります。 処方された薬が、疾患に適応しているか、薬の相互作用(飲みあわせによる副作用)はないか、 使用量は適切か、他診療科や他の病院からの薬と重複していないか、これまでに過敏症(アレルギー)を起こした薬が処方されていないか、 など、再度確認しています。
ナースステーションで検査値などを確認して、薬の効果が現れているのか、副作用は現れていないか、 などのチェックをしています。服薬指導の内容や患者さんの感想などの情報を医師、看護師へ伝えて情報の共有もします。同時に病院のスタッフに対しても、薬の使い方、副作用などの情報提供を行っています。
 
 
3.医薬品情報管理・提供業務
医薬品情報管理(DI:Drug Information)とは、医薬品に関する情報を収集・整理して医療スタッフや 患者さんに情報提供したり、質問に応じたりする業務です。
患者様への医薬品の適正な使用が行われることを目的に、日々更新されていく医薬品情報 (緊急安全性情報、医薬品等安全性情報、薬添付文書改定情報、薬事委員会報告等)、 書籍、文献類などのさまざまな資料を収集整理し、コンピュータ等を利用して管理します。 必要時、速やかに医薬品の最新情報を院内の医療スタッフに提供しています。
最近業務の大半を占めるようになってきているのが「薬剤鑑別業務」です。入院患者さんが、他の医療機関からの処方薬を持ってこられた時に、その薬がどのような成分なのか、どんな症状に使う薬なのか、当院でも同じような薬を扱っているのかを調べます。そして、続けて飲んでいただくか、いったんやめるか、同様の薬を当院からお出ししていくか、などを主治医に判断してもらいます。ここから、調剤業務や服薬指導業務に引き継がれていきます。
 
 
4.製剤業務
採算の合わない医薬品は、製薬会社が製造販売しないことがあります。 そこで、 医師がどうしても患者様の治療や検査のために必要だという薬品を、薬局で調製します。
その薬品には、点眼薬、点耳薬、消毒薬などがあります。 ただ、単に製剤すれば良いということではなく、事前に安全性と有用性について十分な検討した上で調製します。有効期限にも常に注意をして、薬品事故の無いように努めています。
使用する機械器具には、オートクレーブ(高圧蒸気滅菌機)、クリ-ンベンチ(無菌製剤)、乾熱滅菌機、細かいところでは、フラスコ、ビーカー、メートルグラス、ロートなどを使って製剤します。
 
 
5. 医薬品の管理と払い出し(供給)業務
病院内において、医薬品の購入と保管、そして各部署への払い出しと一貫した管理を行います。薬剤部内の在庫管理(入庫、出庫、発注等)は主にPCで管理されており、医薬品についているバーコードを読み取ることで、正確なデータ入力を行います。
病院内には、問屋から納入された薬品倉庫保管薬品と、すでに外来や病棟に払い出されている薬品とがありますが、温度、湿度、遮光等の保管条件、又、毒薬、劇薬、普通薬、そして麻薬等の管理上の条件、そして、薬品の有効性を保証するための使用期限のチェック等を行って、薬品の品質面での向上に努めています。
さらに、血液を原料とする医薬品については、製造番号や使用した患者さん、投与量の記録を20年にわたり管理します。
 
 
6. 委員会などの院内業務
 薬事委員会をはじめ、安全管理委員会や院内感染対策委員会、褥瘡対策委員会など各種委員会の構成メンバーとして参加しています。
 また、新しい薬を開発するための治験や薬の効果や副作用の調査をするための医薬品市販後調査の事務作業も請け負っています。
 
 

【薬剤部からのメッセージ】

 業務内容からは、はっきりとした業務分けができているようにも見えるかもしれませんが、毎日様々なことが同時進行しています。退院時にお渡しする薬の説明にほとんどの薬剤師が病棟に行っている中、残されたスタッフたちは、大至急必要な薬が問屋になく、何とかすぐに手に入れられるように電話の応対に懸命である一方、調剤機器トラブルで機械にもぐりこんでいるスタッフがいたり、急ぎで調剤する処方箋を受け取って、やりかけの業務から切り替えて、というように奮闘しています。そんな状況でも、声を掛け合って薬の取り違いがないよう確認作業を怠らず、監査(最終確認)は慎重に行える環境を確保します。薬剤部のドアの中の様子を、なかなかご覧いただける機会がなくてちょっと残念です。yakuzai03.jpg
 薬を通して、患者さんや病院内のスタッフと様々な連携をとりながら、毎日を過ごしていますが、患者さんが元気になって退院されていくのが何よりの励みです。最近は高齢化に伴い、施設への退院というケースも増えましたが、『病んでいる』状態から少しでも良くなって、自分らしさを取り戻していかれる様を見るとほっとします。
 一生飲み続けなくてはならない薬もあるし、短期間の服用でいいものもありますが、正しい飲み方の理解が、一番重要であると考えます。薬剤師が、より早く健康な生活を手に入れるための一助になれればと願っています。
 
 比較的急性期の方が多い病院を退院されて、その後のリハビリテーションのために森山メモリアル病院に転院される方もいらっしゃいます。両薬剤部のスタッフは、勉強会や薬剤部内連絡会議等を合同で行っており、連携体制をとっています。どちらのスタッフにも気軽に声をかけてください。

 

ページの先頭へ戻る