文字サイズ
  • フォントサイズ標準
  • フォントサイズ大

森山病院 救急医療に対応

  1. ホーム
  2. 森山病院
  3. ご利用の皆様へ
  4. 各部門紹介
  5. リハビリテーション部
  6. 部門紹介

リハビリテーション部

部門紹介

理学療法

理学療法とは?
骨折などの怪我や、脳卒中などの病気によりより何らかの障害が現れた患者様に対して、また出現が予想される患者様に対して、受傷・発症早期より寝返り・立ち上がり・歩くといった基本動作に対し、自宅復帰に向けて練習を行っていきます。
また、退院に不安のある方に対しても退院前に直接自宅にお伺いしてアドバイス等を行い在宅生活への復帰に向けて援助も致します。
 
◎整形外科疾患
・四肢・体幹の骨折(大腿骨頸部骨折・脊柱圧迫骨折・橈骨遠位端骨折 など)
・変形性関節症(股関節・膝関節 など)
・靭帯損傷(膝前十字靭帯損傷 など)
・脊椎疾患(頚髄症、椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・すべり症 など)
 
プロトコール(リハビリ実施予定)を作成し術後早期から筋力増強・関節可動域運動・歩行練習を開始し、痛みの強い患者様には、温熱療法(ホットパック)、電気刺激療法(SSP)、牽引療法(頚・腰椎)を実施し多角的な方向から早期在宅復帰に向けてリハビリテーションを実施します。
 
moririha02.jpg
moririha03.jpg また、スポーツ障害に対しても基本的な
 リハビリテーションから退院後、競技復帰
 に向けた外来でのアスレチックリハビリテ
 ーションまで一貫したトレーニングを実施
 いたします。
 

◎脳神経外科疾患
 ・脳卒中(脳梗塞・脳出血・クモ膜下出血)
 ・脳挫傷

などの疾患に対して発症早期より、基本動作練習・麻痺してしまった筋肉に対して促通手技・歩行練習等を駆使して、今後の生活に命(喜び・生きがい)を継ぎ足せるよう患者様の目線に立ったリハビリテーションを実施いたします。

moririha04.jpg

◎リンパ浮腫
当院ではリンパ浮腫に対する「複合的理学療法」を行っています。
詳しくは・・・
リンパ浮腫治療のページ」へ

  
 


作業療法

作業療法とは?
作業療法とは,身体又は精神に障害のある者,またはそれが予測される者に対し,その主体的な生活の獲得を図るため,諸機能の回復,維持及び開発を促す作業活動を用いて,治療,指導及び援助を行うことをいいます。


 作業療法の「作業活動」って何だろう?
日常活動の諸動作、仕事・遊びなど人間の生活全般に関わる諸活動を作業療法の「作業活動」と呼び、治療や援助もしくは指導の手段としています。

 

当院では、急性期脳血管疾患の患者様に対し、日常生活動作援助を中心に、機能回復訓練をはじめ、高次脳機能障害、日常生活動作訓練(起居移動、更衣、食事、整容、入浴等)、等に対しアプ
ローチし、在宅へつなげられるよう早期から介入しています。

moririha05.jpg


言語聴覚療法

 
○脳血管疾患(脳梗塞・脳出血・クモ膜下出血
・硬膜下血腫など)や、進行性疾患
(パーキンソン病・脊髄小脳変性症など)に
伴って起こる言語障害(言葉が上手く
出てこない=失語、呂律が回らない=構
音障害)・高次脳機能障害(記憶障害、注
意障害、遂行機能障害、社会的行動障
害などの認知障害)に対して、言語療法
を行い、言語機能再獲得のお手伝いをし
ています。
moririha06.jpg
moririha07.jpg

○嚥下障害(飲み込みの障害)に対しても嚥下訓練を行い、機能回復のお手伝いをしています。
○耳鼻科にて、医師の指示のもと聴力検査を行っています。

 

患者様が困っている事や悩んでいる事に耳を傾け、親身に受け止め、全力でサポート致します。
笑顔の絶えない明るい言語室であるように努めています。

 

リハビリは、患者様自身が主体となって行っていくものです。目標に到達するのは確かに簡単ではありません。でも我々スタッフは少しでも効率よく皆さんの目標に達するようアシストしていきます。長くて険しい道のりだから、皆さんも我々リハビリスタッフとともに一緒に歩んで行きませんか?

 

★医師の診察によりリハビリテーションが必要とされた場合は、外来でのリハビリも可能です。
初めての場合は多少のお時間をいただくこともありますのでご了承下さい。
 希望される方はお手数ですが当院各担当医にご相談下さい。
 

ページの先頭へ戻る