文字サイズ
  • フォントサイズ標準
  • フォントサイズ大

森山病院 救急医療に対応

  1. ホーム
  2. 森山病院
  3. ご利用の皆様へ
  4. 各部門紹介
  5. 看護部
  6. 教 育

看護部

教 育


患者様の想いに応えるために、より輝ける自分自身のために、

皆様の頑張りを支援しています。
 

主な看護職員教育・研修システム                     

新入職員新入職員元生会職員としての自覚ある行動がとれるよう、組織の理解と病院や看護部の組織を学ぶ
2年目卒業後
2年目
自己の看護観を再認識し、専門職としての役割を認識した看護展開ができる
3年目卒業後
3年目
チーム内での自己の役割を再認識し、看護判断力、問題解決能力の向上をはかることができる
中堅卒業後
5年目以上
リーダーシップを発揮し、円滑なチーム運営を行うための自己の役割を再認識し自己啓発できる
リーダー所属師長推薦リーダーとしての役割を認識し、チーム運営能力の拡大をはかる
チーフリーダー主任の任主任としての立場および役割を認識し、職務遂行能力、問題解決能力を向上させる
ヘッドナース師長の任組織の中での役割を自覚し、病院の基本方針、看護方針に基づき、看護管理を行うことができる
看護チームが円滑に機能するように自己の能力を開発する
実習指導臨床指導者実習指導に必要な基礎知識を習得し、学習課程への教育的援助ができる能力を養う
フォローアップ新入職員心身のリフレッシュをはかり、自己啓発のよい機会とする
元生会職員としての自覚を高め、相互の連携を深める

 

人として、看護師として自己実現を目指し、人間性豊かな医療人として成長することで、患者様から信頼される看護を提供できるようになります。
どのような状況にも対応できる看護技術や、より確かな知識を身につけ、感性を磨くことで自信を持って看護が実践できるようになります。そのためには、研修などへの参加と共に、自分自身で課題を持って学ぶことも含めた自己研鑽が最も大切です。

 

看護研究発表・・・・・1回/年
看護過程の展開を通して、日常看護の振り返りや分析を行い、効率的な看護の実践、業務の改善に繋げていく。

 

看護部研修会
院内外の講師による講演を通して、社会人としての育成や人間性を高めるための感性や柔軟性の基盤作りに役立てる。

 

 

ページの先頭へ戻る