文字サイズ
  • フォントサイズ標準
  • フォントサイズ大

森山病院 救急医療に対応

  1. ホーム
  2. 森山病院
  3. 病院のご案内
  4. 院長挨拶

病院のご案内

院長挨拶

   

 inaba02.jpg

  

 医療法人 元生会 森山病院

 院長  稲葉 雅史

「森山病院の目指すもの」

森山病院は主に急性期医療を担っており、当院を含む元生会グループは、回復期医療、介護・老人施設、在宅医療につながる強い連携を有しているところに強みがあります。高齢化社会における医療の在り方のモデルケースと言えます。外来を訪れる多くの高齢者は、自覚症状にとらわれることなく全身を丁寧に診てあげることが必要であると考えております。

当院は、市内では整形外科、脳神経外科を含む比較的多くの診療科を有する病院として幅広い領域の疾患に医療を提供可能です。特に増加の一途をたどる血管疾患は私の専門領域でありますが、血管内治療や血行再建手術が低侵襲で可能となるようリスクの評価を充分に行い、個々に最も適した医療をできるだけ早く施すことを目指しております。また、健診をはじめ内科との連携で高血圧、糖尿病、高脂血症など動脈硬化性疾患の予防や治療にも積極的に取り組んでおり腎不全に対しては急性期の透析医療も行っております。

現在、北彩都地区での新病院建設に向けて調整、準備が進んでおりますが、今後開院までの数年間、開院後1~2年が非常に重要な時期になると考えており、経営上はもちろんですが新しく地域医療の中核病院として期待され、その任務に参画する私たちスタッフ全員が個々の意識の改革や院内機構の変革に向け取り組んでいます。病院新設により来院患者数が増加するのは通例ですが、皆様から「いい病院だ」との評判を維持していくのが重要でこのことが責務と考えております。また、特に市内開業医、中核病院との病・診、病・病連携を一層充実する必要があると考えております。今後とも皆様からの当院へのご意見、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

 

ページの先頭へ戻る