文字サイズ
  • フォントサイズ標準
  • フォントサイズ大

森山メモリアル病院 社会復帰・在宅復帰をサポート

  1. ホーム
  2. 森山メモリアル病院
  3. 注目情報
  4. 回復期リハビリテーション病棟に取り組んでいます

注目情報

回復期リハビリテーション病棟に取り組んでいます

森山メモリアル病院 回復期リハビリテーション病棟 ご案内

kaifuku01.jpg 

回復期リハビリテーション病棟とは??

主に脳血管疾患または大腿骨頸部骨折などの患者様に対して日常生活動作(ADL:立つ,歩く,食事をする,トイレに行くなど)能力の低下による寝たきり予防と地域社会への復帰を目的に集中的かつ効果的にリハビリテーションを行うための病棟です.

 

kaifuku02.gif           kaifuku03.gif

  

回復期リハビリテーション病棟の対象者は??
  回復期リハビリテーション病棟では、疾病により入院期間が決められています。
  対象となる方と入院期間は以下のとおりです。
 
回復期リハを要する患者入院までの日数  算定上限日数
脳血管疾患、脊髄損傷、
くも膜下出血のシャント手術後 脳腫瘍、脳炎、急性脳症、
脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症など
 発症・手術後
2か月以内
150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸髄損傷、
頭部外傷を含む多部位外傷の発症または手術後
2ヶ月以内
180日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節、
2肢以上の多発骨折の発症 
2ヶ月以内
90日
外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後
2ヶ月以内
90日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靭帯損傷後
1ヶ月以内
90日
 
4つのセールスポイント

チーム医療による連携が充実

医師を中心に看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・医療相談員・薬剤師・栄養士などが連携を組み、院内カンファレンス(会議)を実施し、日々患者様にとって最善の治療を検討しています。また患者様自身もカンファレンスに参加していただくウォーキングカンファレンスも実施。患者様の顔を直接見て、耳を傾け、心のケアも大切にしています。不安なことはすぐにスタッフが解決いたします!!

 

 s002.jpg     s003.jpg

 

退院後の生活を予測してリハビリを実施

病院を退院すると休む暇なく、在宅生活がスタートします。在宅は病院とは異なる点がたくさん。扉の開け方、通路の幅、キッチンの高さなど、家に帰ってから困惑するようでは、入院中のリハビリが充実していたとは言えません。当院では在宅さながらの環境を準備し、退院後の生活を円滑に、かつ安全に送れるように支援しています。入院中から行ってみたいことがあれば、なんでも気軽にリハビリスタッフにお話し下さい。

 
 
 s004.jpg     s005.jpg
 
 
 

病棟でのリハビリも実施

入院中のリハビリ時間は、1つの部門が1時間程度。理学療法・作業療法・言語聴覚療法の3つを合わせても3時間。患者様の入院生活における時間はまだまだあります。そのため当院では、リハビリスタッフ以外の病棟看護師とも歩く・立つなどのリハビリを行い、入院時間を有効に活用しています。もちろんリハビリを行いたい患者様の意見を取り入れ、さまざまな病棟リハビリを検討しています。

 

 s006.jpg     s007.jpg

 

退院後サービスも継続して行える

  当院は入院中のリハビリに力を入れることはもちろんのこと、
  退院してからの訪問リハビリも市内最大規模で実施しております.
  当グループがもつ在宅サービスの種類としては・・・
1.   訪問看護ステーション:自宅での在宅療養を24時間サポート
2.   通所リハビリテーション:施設での日帰りリハビリをサポート
3.   訪問リハビリテ―ション:自宅でリハビリをサポート
4.   居宅介護支援事業所:介護サービス計画をサポート
5.   訪問介護事業所:自宅で身体介護や家事支援サポート
6.   福祉村デイサービスセンター:日帰りで食事・入浴など日常生活のお世話
 

さまざまな在宅サービスをもつ当グループならではの,患者様それぞれの必要性に合わせた在宅支援を 行います.入院中から情報を共有し,退院後すぐにサービス開始が可能.きっと皆さまにご満足いただけるはず!!スタッフも多いため,さまざまな希望に対応できます.お気軽に声をおかけ下さい.

 s008.jpg     s009.jpg

 

入院から退院まで流れ簡単にご紹介!!

  003.jpg005.jpg

kaifuku06.jpg
〇転院したその日に日常生活を評価し,できること,援助が必要なことをスタッフ全員で把握します.-リハビリ・病棟合同評価
〇リハビリプログラムを作成し,すぐにリハビリを実施します.
〇カンファレンスにより入院中の目標をスタッフ全員で把握します.
〇患者様が月に1回,カンファレンスに参加できます.-ウォーキングカンファレンス
〇医師からの具体的な病状説明・リハビリの目標・進行状況などの説明を受けることができ,話し合いにより目標などを変更することができます.-医師による説明
〇退院先などについての話し合いを行い,自宅に戻る場合は住宅改修や福祉用具の活用などについて医療相談員と話し合います.-退院前訪問指導(ご自宅に伺います)
〇退院後の生活についての相談を担当する介護支援専門員(ケアマネジャー)もチームに加わります.
〇退院後の生活での不安を軽減し,安心して過してもらうために,必要に応じて家族の方への介助指導や外泊練習などを行います.-外泊チェック表の利用
 
※外泊チェック表とは??

外泊時にご本人様またはご家族様に書類をお渡しします.その書類には外泊時に日常生活でできたこと,できなかったことが簡単にチェックできるようになっています.外泊時の状態をより明確なものとし,できなかったことを1つでもできるようになり,退院して頂くための表です.

 kaifuku07.jpg
kaifuku08.jpg

 

当院が重要と考え、一番大切にしていることは・・・

患者様を中心としたチームアプローチです。

kaifuku09.png

 

現在,回復期リハビリテーション病棟は新設から10年を迎え,全国の病棟数も約1300と多くの病院が回復期リハビリテーション病棟に取り組んでいます。

 当グループは脳神経外科を中心に急性期から回復期,そして維持期としての居宅介護支援まで,医療・介護全般どの期にも対応できるように,日々スタッフ一同努力を重ねています.なかでもグループ内の連携に力を入れ,急性期→回復期への情報提供,または回復期→居宅介護支援事業部への情報提供を素早く行い,情報の漏れがないよう徹底し,最善のサービスを一環して提供できる体制を整えています。

 医療の中心は病院ではなく,患者様・御家族様であることを念頭に,あらゆる依頼に対応できるよう取り組んでいます.1人でも多くの患者様が従来の地域社会へ復帰できるようにお手伝いさせていただきます。

 

 

入院に関してのお問い合わせはこちら

森山メモリアル病院 医療相談室

担当:八木田・宮澤・岡泉
 
TEL (0166)55-2000(代表)
    (0166)46-7272(直通)
 

 

« 栄養サポートチーム(NST)による患者さまの栄養状態の管理・改善を行っています | 注目情報のTOPヘ | 上肢・下肢痙縮へのボトックス療法を実施しています. »

ページの先頭へ戻る