文字サイズ
  • フォントサイズ標準
  • フォントサイズ大

お知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 更新情報/ 森山病院
  4. 下肢静脈瘤に対する高周波焼灼術を始めました

下肢静脈瘤に対する高周波焼灼術を始めました

2015年12月24日(木) (更新情報/森山病院

道北医療圏で初施行

 

下肢静脈瘤に対する高周波焼灼術

 

下肢静脈瘤はどなたにもよくある表在静脈への逆流を

伴う疾患です。

 

切らないで治療する下肢静脈瘤血管内治療として、

当院では高周波焼灼術を道北圏で初めて採用して

静脈瘤治療を行っており皆様の評価も良好です。

 

高周波治療はレーザー治療より術後の疼痛や

皮下出血が少ないなどの特徴があり、

より低侵襲の治療とも言えます。

 

受診いただいた際に皆様に最善の治療法は

何かについて詳しく説明させていただきます。

kousyuha01-4.png
高周波治療
 
 
kousyuha03.png
カテーテルを引き抜きながら表在静脈の根元から
焼灼を行います
 
 
kousyuha02-2.png
1回の焼灼長は約7cmでこれを末梢側に
繰り返して治療します
 
(コヴィディエン ジャパン株式会社 提供)


診察をご希望の方は一度外科外来(担当医 稲葉雅史 ※診察日は「外来担当医師一覧」をご確認ください)

を受診して下さい。お待ちしております。

このページの先頭へ

カテゴリ一覧

月別アーカイブ